ブログ

児童生徒集会&島口(6/18)

 瀬戸内町内の学校や園・所には,画像のような日めくりカレンダーが配布されています。
 教室や職員室などに掲示しているのですが,「教訓集」(ゆすい ぐとぅ しゅう)に島口(島言葉)での昔からの教えが掲載されてあるのです。
 本校では,毎月18日を「島におるから島口を使おうの日」(島口の日)と位置付け,特に意識をもって島口を使うように取り組んでいるつもりです。
 そこで,生徒会がこの「教訓集」などを使って,島口集会を企画してくれました。
 「本日18日の『法ぬ無ん事や(ほうぬねんくとぅや) しいやいきゃむ』の意味はどういうことでしょう?」から始まり,いくつかの教訓を考え合っていきました。そして,島口クイズでいくつかの島口を覚えることができました。


 企画から進行まで,一人で難なくこなした生徒会長にも感服です。ひとり歩きの具体的姿がここに! 

2024年06月18日

食とマナー(6/14)

 本日は,食のスペシャリストである栄養教諭の先生による「食に関する指導」の授業を実施しました。
 今回のテーマは,「食事のマナー」です。
 自分の食事中のマナーを振り返った後,お箸の持ち方特訓です。


 よおく見ると,お箸の持ち方も多様です。なかなか適切に扱うのは難しい。しかしながら,それなりに豆を挟むこともできて,不器用なのか器用なのかよく分からない,そんな感じだったでしょうか。
 うまく持てる子どもは豆挟みも無難にできています。
 そして,食事中の姿勢についても助言をいただき,食品ロスのことにもふれていただきました。

 このような姿勢でしっかり食事ができるといいなと,今回の学習を日常につなげてほしいと思います。
 最後に,給食にもお付き合いいただき,本校の食を取り巻く状況を見ていただきました。
 「食缶が空=感謝を伝えられる」・・・なるほどです!本日は,懇切丁寧な御指導等,ありがとうございました。また,毎日の満足の給食にも感謝です。

2024年06月14日

雨(6/12)

 朝でも夕方と思うほどに雲が立ちこめて暗く,結構な雨量が降り注いでいます。
 明日も西にある雲や停滞している?前線の影響を受けそうです。
 何はともあれ,土砂災害などがないことを願いつつ,登下校の難儀さを懸念しているところです。
 保護者の皆様には,状況を見ながら,安全で濡れないな登校のタイミングを見つけてほしいと思います。
 皆々様も安全にお過ごしくださいませ。

2024年06月12日

ドリーム&ファイトプロジェクトコーナー(6/10)

 キャリア教育関係の掲示コーナーの紹介です。
 今年度は,“高く舞い上がるよう”気球に「将来の目標」や「目標達成のための考え」などを添えて表現してあります。
 一人一人が自分でのり付けしていきました。

 「〇〇になりたい」だけではなく,そのためには,努力を惜しまず,目標を明確化することなどと書かれているものもあります。
 小学生は,バレリーナ,サッカー選手,世界の言葉が通じるようになる,ポケモンマスター,けいさつかん,保護猫活動などを描いているようです。
 日々の学習の先に,今後の自己実現がつなっていくささやかな掲示活動になれば幸いであります。

2024年06月10日

ドラゴンラッシュタイム③(6/8)

 土曜授業の2時間は,一昨日から日延べになっていたドラゴンフルーツ栽培活動第3弾=ドラゴンラッシュタイムを雨の合間に実施しました。
 本日は,植え付けに向けてです。
 地域のおっ師匠さんに社長(中3)から,「畝づくりについて,お手本をお願いします」ということに始まり,業務開始です。

 小学1年生も持てる力でどうにかがんばれです。

 思った以上に勘所がよく,いい具合の畝が完成!ほぼ1時間は掛かりました。

 自分たちで植えるドラゴンフルーツの苗を摘み取り,植え付け作業です。


 社長がどんどん指示を出して,一気に作業が進んでいきます。


 予定の2時間,フルに動き回って,植え付けまでこぎ着けることができました。

 終礼で,社長から「自分で植えて見て,どんな感想をもちましたか?」と投げ掛けられると,思い思いに「いい気分だった」「どんな風になっていくのかワクワクした」「がんばれた」などの声がありました。
 最後に今後のことを社長から・・・
◆自分で植えた苗は覚えていますか。これからは,自分で育てていきます。草取りは人の所をやってはいけません。自分の場所をしっかりやるようにしてください。以上,次の業務まで,自分の苗の世話をするのです。

 教材園整地作業開始から約3か月!ここまでは形になりました。

2024年06月08日

ドラゴンラッシュタイム②(6/6)

 今月のドラゴンラッシュタイム(ドラゴンフルーツ栽培活動)は,あいにくの雨で話合いに変更しました。
 予定では,植え付けの畝づくりに着手するはずでした。
 中3の社長が取り仕切って,今後の栽培活動に係るビジョンと任務を共有していきました。
 小学下学年には,育てるドラゴンフルーツのマスコットキャラクターを考えてもらいました。

 5年生以上は,ドラゴンフルーツに係る基礎知識を身に付ける理論武装です。

 おいしい果実となるための栽培方法などを自分たちで探求していく姿を見せてもらえました。
 土曜日には植え付けができるといいなと思いながら,社長の「まだ,植えてもいないくせに,収穫したらPRしたり,売ったりすることも考えておこうと思います」という切り込みがよかったです。

2024年06月06日
» 続きを読む